2018年 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日(ご注文は承れますが、発送、お問い合わせは承れません)
 

キヤノン「G1X Mark供廛好撻轡礇襯札奪

商品名 : キヤノン「G1X Mark供廛好撻轡礇襯札奪

商品コード : 008210

価格 : 69,800円 (税込75,384円)

ポイント : 753

数量 :

 
  10800円(税込)以上のお買い物は送料・代引手数料が無料に!
※沖縄・一部離島へのお届けは追加送料600円を頂戴致します。
 
 
全国の新聞紙面での販売が遂に開始!

■「テレマルシェだけ」の1万円相当付きスペシャルセット■
G1X Mark 本体一式
SDHCカード(8GB)
4段伸縮式三脚
ぅメラケース
ケ嫋淑欷逎侫ルム
Εリーニングブロアー
Д譽鵐坤リーニングペーパー
┘妊献織襯メラ講座教則本



【CANON HPはこちらから!】
【Power Shot G1 X MarkII特設サイトはこちらから!】


【EOSのAPS-Cにせまる大型センサー】
キヤノン独自開発・自社生産1.5型※大型CMOSセンサーを搭載。
EOSのAPS-Cサイズにせまる大きさで、1画素あたりの受光面積は一般的な1/1.7型のセンサーに比べ約4.5倍。
広いセルピッチによる、圧巻のダイナミックレンジを実現しました。
大口径レンズとの連携で、大きく美しいボケ味が楽しめます。
CMOSセンサーは、G1 Xをベースに、新レンズや新エンジン、AFの高速化に対応する最適な改良を施しました。

【解像力、ノイズリダクション性能を高めた DICIC6】
映像エンジンは、DIGIC 6に進化。画像の解像力やノイズリダクション性能が大幅に向上。
ノイズと被写体のテクスチャーを正確に見分け、ノイズだけを徹底的に除去します。
その性能は、高感度撮影だけでなく、新たに搭載された「星空モード」にも威力を発揮。
クリアな天体撮影が楽しめます。
その他、クリエイティブショットやハイダイナミックレンジ、フルハイビジョン動画撮影機能など、多彩な機能の実現に貢献しています。

【収差を高度に補正する。新開発、大口径F2.0-F3.9レンズ】
ボディーサイズを維持し、広角化を実現しながら、大口径F2.0-F3.9を達成。
G1 X Mark II専用に開発されたUAレンズを含む3枚の非球面レンズにより、収差も高度に補正。
14枚のレンズ一枚一枚に最良のコーティングを施し、フレア、ゴーストの発生も低減します。

【広角&高倍率化を実現「光学5倍ズーム」「プログレッシブファインズーム10倍」】
1.5型大型CMOSセンサーを搭載しながら、広角化と高倍率化を実現。
光学5倍ズーム(24mm-120mm)を達成しました。
レンズ構成は、11群14枚の新ズームレンズ方式を採用。
これにより、限られたスペースの中でも変倍比の向上が可能になりました。

【ワイド端5cm〜テレ端40cmの「マクロ撮影」】
「もっと寄って撮りたい」。G1 Xユーザーの強い想いに応えるべく、最短撮影距離5cmを実現。
従来のリアフォーカスからレンズの移動量が少なくて済むインナーフォーカスを採用。
大型センサーを搭載しているにも関わらず、高度なマクロ撮影が楽しめます。
さらに、テレ端でも最短撮影距離40cmを達成しました。

【円形で美しいボケ味が楽しめる「9枚羽根絞り」】
G1 X Mark IIの開発において、特にこだわった表現の一つがボケ味です。
そして、1.5型の大型センサーを可能な限り活かせるF2.0-F3.9というF値を実現。
また、美しいボケ味を表現するために9枚羽根絞りを搭載。より円形に近い丸ボケが可能です。
ポートレートもマクロ撮影も、夜景も、美しいボケ味が楽しめます。

【高精度なピント合わせを可能にする。31点AF枠!】
AiAF時に表示されるAFフレーム数がG1 Xの9点から31点へアップ
。 測距範囲が拡大し、画面端の被写体へのピント合わせが容易になりました。
一つ一つのフレームサイズも小さくなったため、より小さい被写体もピント抜けしにくくなりました。

【決定的瞬間を逃がさない。約5.2秒/秒の連続撮影】
DIGIC 6の処理速度が進化したことによって、連写速度も向上。
約5.2枚/秒※の連続撮影を、フル画素で実行します。高速化したAFとの連携で決定的瞬間にも強くなりました。

【薄闇さえもシャッターチャンスにする!最高ISO感度12800】
静止画のノイズリダクション性能は、DIGIC 6に進化することにより、DIGIC 5の約2.4倍に高速化。
常用ISO感度は100〜12800を達成しました。
高感度で撮っても、クリアで美しい一枚を描き出すため、暗いシーンでも手持ち撮影が楽しめます。

【直感的な操作感が楽しめる「デュアルコントロールリング」】
人間工学の視点を取り入れ、操作性も追求。
新開発デュアルコントロールリングもその一つです。
Tv、Av、ISO感度、露出補正、MF時のフォーカス調整などの機能が割り当てられる2つのリングは、操作感、材質に徹底的にこだわりました。
「クリックリング」「スムーズリング」それぞれに設定可能な機能を、任意で割り当てることができます。

【微妙なフォーカス調整を行える「フルタイムマニュアルフォーカス」】
AF後に、MF状態へと遷移し、微妙なフォーカス調整をスムーズリングで行えます。
ピントの合った被写体の輪郭を色付き線で強調するMFピーキングと併用できるため、繊細なフォーカスが要求されるマクロ撮影などに威力を発揮。

【構図を快適に決められる「3:2、約104万ドットチルト液晶」】
上側180°/下側45°のチルト液晶を採用。
横位置撮影時、光軸に対して常に液晶がずれないため、違和感なく構図が決められます。
また一眼レフユーザーに使いやすい3:2の画面は、日中の屋外でも見やすい約104万ドット液晶を採用しました。


【タッチでピントが合わせられる「タッチパネル液晶」】
画面をタッチして、AF位置が決められるタッチパネルを採用。
画面の測距範囲内であれば、直感的にすばやく的確なピント合わせが可能。
さらに、タッチでシャッターを切ることもできます。
機能の設定や再生も、もちろんタッチで行えます。
また、触った位置の検出精度が高い静電容量方式を採用。
2本指を使ったマルチタッチ操作も行えるので、2本指を開いたり、閉じたりして画像の拡大縮小も快適です。

【シーンモードで、幅広くシーンをかんたんに美しく!】
コンパクトデジタルカメラでは難しかった天体撮影。
シャッターボタンを押すだけで、誰でも星空を美しく残すことができます。
表現意図に合わせて、「星空ポートレート」「星空夜景」「星空軌跡」「星空インターバル動画」から撮影モードを選べます。


 

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ